« KAT-TUNコンサート、暴れてきました。 | トップページ | 【イラスト修行】くるぶしの行方。 »

2005/06/06

【Looking KAT-TUN 2005】コンサート感想レポ。

■昨日一昨日行われました、KAT-TUNのコンサートのレポートというか感想です。
 おっそろしく長い上に、ネタバレですのでご注意下さい。

 コンサート後、思い出し笑いをしたい方。
 ロバちゃんファンじゃないからロバちゃんを全然見てなかった方。
 なんかもうちょー暇な方。

 そんな方に向いてます。ほんとに長いです。ネタバレです。自己責任でお願いしますね。





 以下、箇条書きに書き出したメモに解説を加える形になっています。
 特に名前が出なければ上田竜也ネタです。
 また4日1部を(1-1)、2部を(1-2)、5日1部を(2-1)、2部を(2-2)と表記しています。



▼MCネタの数々。
○嘘タイトル「ねぎ」(「にら」)(1-1)、「ひとみんの秘密」(2-1)
 ロバちゃん恒例、嘘ソロタイトルシリーズ。今回は1日目が「ねぎ」でした。短くてもインパクトです。「赤西と作りました」ということで赤西に歌わせるものの、ネタ合わせしてたのにロバちゃんが失敗してぐだぐだに。その後中丸の嘘タイトル「にら」も赤西と一緒に披露されてました。赤西ひっぱりだこ。
 「ひとみんの秘密」は、会場に黒木瞳さんがいらしてたことからの発言ですが…一度すべっちゃった(というかやめとけよという雰囲気に…)ので、カメちゃんがふりなおして。「まゆげ」になりましたがやっぱりすべり、再度カメちゃんにふられてもう一度「ひとみんの秘密」に戻りました。「おまえ黒木さんのこと何も知らないだろ!」と責められたロバちゃんは、最終的には「もういいもん、ぴ!」と謎の言葉を発し、赤西の後ろに隠れて腰にすがりついてました。しかし赤西には「何でおれんとこ来んだよ!」と拒否られてました。
○しゅうまいボンバー(1-2)
 「ねぎ」「にら」のネタのあと、田口が「実は僕も作ったんですよ曲」ということで発表されたのが「しゅうまいボンバー」。披露してくれとみんなに言われると、バックステ側からダッシュで「しゅうまいぼんばー!」と叫びながら駆けてくるロバちゃん…。いいネタ仕込んでくれてありがとう田口。
○離さないでパンツ。(2-2)
 カメちゃんのソロ「離さないで愛」のデモテープを聞いたときの話を、赤西が披露。赤西とロバちゃんが、サビの振り付けを考えたということで、歌いながら実演してくれました。
 「はっなっさないでーぱーんつ♪ つっかんでってっぱーんつ♪」と、ロバちゃんのおしりをつかむ赤西……。果てしなく馬鹿でした。可愛かった…。これをうきうき考えてたふたりの様子を想像すると、微笑ましくて大変です。
○体育会系になる発言。片手腕立て(2-2)
 体育会系を目指すと宣言のロバちゃん。「こいつ、今はまってることは何ですか?ってドリームボーイのとききかれて、筋トレって答えてたけど、あれ前日からだよ始めたの」と暴露されたせいか、片手腕立てふせを披露してました。みんなに「片腕だけむきむきになるからやめて!」と止められる様子が可愛かったです。
○いっつ田口ドリーム踊るロバちゃん。(2-2)
 いっつ田口ドリームこと、田口のソロ「ビバップタイム」。その愉快な動きを聖さんが真似して楽しむのが、(2-2)までのパターンでした。ブリキのおもちゃのような愉快な聖さんの動きに、会場は笑い。ついでに田口が「こんなこともしてるんですよ」と、ソロ中のカメラアピールを何度も披露。その後ロバちゃんが割り込み「おれ、田口が自分のソロ見返してチェックしてるとき隣にいて、おれも練習したんですよ」と。カメちゃんは流れから、田口のカメラアピールの話だと思い、その振りをしてくれますが、ロバちゃん拒否。「聖のとこ…」と、聖さんのように踊りを踊りたい旨をアピール。そしてステージ中央でロバちゃんの「びばっぷたいむ」が披露されました。
 ……面白かったです。これは文章でお伝えできない。私の筆力じゃ無理だ。田口、聖さん、ロバちゃん、3人とも……まったく共通点がないくらいに動きが違って愉快でした。ロバちゃんなんだかくねくねしてるし。また見たいですが、追加の追加コンではやらないかな…。
○大人気ない21歳組。(1-2)
 1部と2部の間、楽屋をパンツいっちょでうろうろしていた中丸。それを見ていたカメちゃん、ふと手元に大量に転がっていた、サインボール用のゴムボールを中丸にぶつけてみます。理由は「ぱんついっちょだったから」だそうで。そこで中丸の反撃が開始され、投げあいをしていると、シャワーを浴びたロバちゃんが出てきて。カメちゃん、ついでにロバちゃんにもぶつけたところ、ロバちゃんは本格的にカメちゃんに敵対。そのままボール合戦に加わり、中丸とロバちゃん、おとなげない21歳組が年下のカメちゃんひとり相手に戦ったそうです……。まぁどっちもどっち、というオチでしたが。
○「話戻していい?」と犬の話に戻すロバちゃん(2-1)。
 全員が順番に、ソロの話をしていたときのこと。ロバちゃん、ソロの話を最後にふられて、話をしだしたのは犬の話…。ソロの話に突入するはるか前に、カメちゃんや中丸の犬の話をしていたんですね。その時に入りたくて入れなかったので、今話したい、と。話、戻しすぎです。マイペース過ぎです。自由です。
 ちなみに、飼っているレトリバーちゃんが、もうすぐ子どもを5匹くらい産むそうで。さらに先日おねーちゃんが可愛い捨て猫を拾ってきたので、上田家は動物王国になるようです。猫は中丸も見たそうで「すっげー可愛い。猫じゃない」とか言ってました。
○友達がロバちゃんしかいない中丸。
 カラオケに行くとボイパは活躍するだろう、と言われて「カラオケ行かない…」と答えた中丸は、友達がいないことにされてしまいました。でも「上田が友達」と切り出した中丸に、ロバちゃんは軽く首を振って否定(笑。「でも中丸はカラオケに行くと、バラードでもロックでも最後は必ずボイパになってる」と友達っぽいことを暴露してあげていました。
 しかしその後「ふたりでカラオケ行って、最初から最後までずっとKinKiとかだったらきもいよな」という話には何も言わないふたり。……若い頃にやったことありそうだ(笑。手越とまっすーなんて今でもやってるしな。きもくないよな。うん。
 中丸は「最初から最後まで「ジンクス」だけ歌ってた時はある」と自分で暴露。それだけ歌われれば、トニセンも本望でしょう……。ていうかあれ3人用だから、1人で歌うと疲れるんだよねすごく。中丸すごいな……。

▼コンサート中のネタ。
○SかMかでいったらS。
 ごくせんコーナーでの自己紹介。ロバちゃんは「自分はSとM、どちらかで言ったらSです」と宣言。(1-1)ではカメちゃんが「えい!えい!」とロバちゃんをいじめて「それ違うから! 逆だから!」とロバちゃんが否定する一幕も。
 その後「Mを探したら見つかりました。ABCの河合郁人はMです」と宣言。……逆じゃないのか?(笑
○メンバーアピールのこと。
 お立ち台の上に乗って、ひとりひとり特技(?)を披露する部分。披露者の名前を叫ぶのは、聖さんですが。さすがに自分の名前を叫ぶわけにはいかないので、「たなかこうき!」という叫びはロバちゃんが担当していました。……甲高かったです。好きだ上田竜也。
 ロバちゃんはギターをぎゅいんぎゅいんしていましたが、その背後で異様にのりのりのとっつーがちょっぴりこわかったです。
○すそからまってバイク強奪事件。(1-1)
 ごくせんコーナーでは、3人ずつ2グループにわかれてバイクに乗ります。左側からカメちゃんロバちゃん田口。右側から赤西聖さん中丸が乗って走り、一周してステージに戻ります。
 しかしながら、ロバちゃんの衣装は右腰に引きずるくらい長ーい白い布がびろびろさがってまして。無頓着に乗り込んだロバちゃん、その布がタイヤに巻き込まれて動かなくなり、バイクを壊してしまいました。丁度半分行ったあたりで、まだ半分残ってます。そこでロバちゃんは、花道の中央で笑顔で両手両足を広げて、背後からやってくる赤西を止め、バイクを強奪しました…。赤西はそこから1/4周残ってましたが、ロバちゃんに足を奪われ徒歩。ていうか小走り。ロバちゃんはご機嫌で、車高の低いかっこいいバイクに乗って残りの半周をドライブしてました。やることがひたすら自由です、ロバちゃん。
○中丸の髪の毛が鬼太郎。
 中丸さん、頭頂部の毛束が垂直に立ちすぎでした。妖気が!とかってからかわれてましたが、ほんとに何故あんな具合に立ってたのか謎です。1部2部両方同じように立ってたし。
○田口が短パン。
 青白赤の衣装の時……田口は膝丈でした、パンツが。靴は似非赤ブーツだから…すねが丸見えです。……あの……すごくすごくどうしたらいいかわからず、とりあえず爆笑してしまったんですが、あれはあれでよかったんでしょうか? 間違ってませんか? 田口は足を出すべき人ではないと…思うのですが……うぅぅぅぅむ。
○スピーカーの上がお気に入り。
 ロバちゃん、ステージの左右に置かれたおっきなスピーカーの上がお気に入りのようでした。外周めぐるときとか、よく上に乗って腹ばいになって、Jrの子に突っ込みをいれられたりしていました。あそこは音が出てぶるぶるして面白かったのかしら……気になります。
○田口に色紙投げ指導されるロバちゃん。(2-2)
 ロバちゃん、スタンドに色紙を投げようとして、失敗。アリーナに落ちてしまいます。去ろうとするロバちゃんを呼び止めた田口が「こうやるんだぜ、見てな!」と言わんばかりにお手本を示し。見事スタンドに飛んでった色紙に、田口ガッツポーズでした。仲良しだ。
○ダブルアンコール、客席一周コンプリート満足げ。
 ダブルアンコール。ロバちゃんはひたすら客席に降りてました……。最前列のお客さんにがーっと手を伸ばしてダッシュ。危険だからとスタッフが止めようと必死なのが、切ないです。後のことを考えようよロバちゃん…。それに埋もれて最前列以外の人は全然嬉しくないよ…(笑。でも、追いかけてくるスタッフをぐんぐん引き離して風のように走るロバちゃんは、本当に俊足でした。

▼心に残った衣装。
○黄色OP衣装がロングでうしろがでっかいおりぼん。
 これは、可愛かったです。すそが広がっててロングで、ウエストの後ろに大きな黒い長いリボン。ちょうちょ結びになってると、アップの髪の毛とあいまって、どこぞのお嬢様みたいです、昔の。前から見ると上田竜也だけどさ…。
○トリコロール衣装が青ロングフレアにレースのスカート。
 (1-1)では、上着を着てなかったので、さらにスカートが目立ってました。引きずるくらい長い布をフレアにつけてあるので、ファンタジーな格好です。これもやっぱり髪の毛があれだから綺麗な女性みたいなんだけど、肩がたくましくて違和感(笑。ドリボで鍛えたのね、一応…。
○赤いロングチャイナ。
 6人6色衣装、ロバちゃんは赤でチャイナテイスト。足を3/4周布がぐるりと巻いてて、角度によってはロングのチャイナドレスです。髪の毛が以下略で、やっぱり角度によってはマダムに…。何人だ君は。
○白オレンジの染み抜き済み。
 いつもの白のロングにインナーがオレンジの6人デザイン違い衣装。つい先日まで、ロバちゃんのながーい布部分には黒いシミがついてましたが、今回ようやく洗濯されたようです。なくなってましたシミ。……染み抜きをしたのか、布をとりかえたのかは謎。
○殺陣の衣装のうしろが白尻尾。
 実は、ロバちゃんソロよりも絆の殺陣が好きです。4回全部ロバちゃんのみを双眼鏡で追いかけたので、残りの人たちのことを全然見てません。多分30回見ても30回ロバちゃんを追うでしょう…。というのはいいとして。
 バイクにひっからまり事件を巻き起こしたほどの白尻尾、何でそんなのついてるんだと最初は思っていましたが。実は動いたりまわったりすると、すごーく綺麗なのね、あれ。ふぁーっと広がって。ロバちゃんは、長いものがついてたり、ロングでフレアだったりするのが好きなようですが、あれは全部「動いたときに美しい」ように出来てます。……「動いてなんぼ」なんですよ、ロバちゃん。ねぇ。あんな「動くための衣装」を頂いてるんだから、動きなさい踊りなさい! まったくもぅ。
○ピンクでラインストーンのついたクリップ(1-1)
 (1-1)では、ピンクのくちばしクリップで髪の毛を軽く上げてました。双眼鏡で見つめるときらきら光ったので、多分ラインストーンつき。でも後半になるにつれて、髪の毛が落ちてきて、最終的にはなんだかはさまってるだけになっちゃってたので、次の回からはきっちりセットされてました。
 ちなみに(1-2)では急ごしらえだったのか、横はすごく綺麗に出来てたのに後頭部がやっつけ仕事でした。聖さんあたりにやってもらって、時間切れになっちゃったんだろうか…。(2-1)(2-2)は後頭部もしっかりセットされてて、綺麗でしたよ。
○銀のドラゴンチャイナの下に海賊チュニック。
 おなじみ銀色チャイナ、胸元龍の6人お揃い衣装。みんな海賊衣装の上着を脱いであれを着るんですが、ロバちゃんはレースのチュニックを中に着たままなので、スリットから見えるレースが変でした…。
○ずっとサンダル。
 よそさまの北海道レポを見ても書いてありましたが、今回のツアー、ロバちゃんはサンダルで通す気のようです。かかとがひもです。覆われてません。下は裸足。……踊れるのか? いや、踊れてるところは踊れてるけど。ていうか靴擦れとか大丈夫か? と色々心配していたら、やっぱりつらいのかMC中は脱いでました。裸足なことをカメちゃんに突っ込まれたりしてたが……楽な靴履こうよロバちゃん。
 ちなみにアンコールでは、銀色のパンツのすそをロールアップにして、サンダルを見せてました。……その履き方は女子だからやめてください。隠して隠して!

 ここからは6人分。

▼OPのこと。
○田中聖。
 登場シーンは、海賊コンと同じく盛り上げ隊長田中聖。オラオラと煽りまくったあと、花道の上でばーんと飛び跳ねると、花道は破壊される、という流れ。
 なんだか…だだっこみたいで可愛いです、ちょっぴり。
○中丸雄一。
 ステージの花道にセットされた、謎の石柱と謎の鉄塔。石柱を剣で切り崩し、鉄塔を蹴り倒す中丸…。ちょっと面白いです。1回以上あのシーンを見ると、破壊された石柱がまた組み立てられて再利用されていることがじわじわと笑いを生みます。
○田口淳之介。
 花道でアクロバット。天井からブラーンとさがるにせライトを避けたりするかんじで。私は1度目、そのライトの存在に気付かず「田口は小道具なしかぁ」とか思ってました。ちがいました。
○上田竜也。
 紙のパネルに下から火がつき燃え上がると、その向こうにはギターを構えた上田竜也……という演出なんでしょうけども、紙のパネルが小さい上に、正面側にしかないので上田竜也が元々丸見えです。やはり4方囲むのはたいへんなのかな……本人が熱いからやだとか言ったのか。
 (2-1)では紙がべろべろ破れた状態になっちゃってて、スタッフが押さえても直らず、結局破れたまま火がつきました。でもちゃんと燃えて一安心です。
○赤西仁。
 赤西がばばーんと手を上げると、大きな火柱が上がります。派手です。
 この演出はMC中、ダジャレを言った田口に制裁を与えたい聖さんが「ちょっとそこに立て」と火が出る部分に田口を立たせ「あかにしじーん!って言ったら火が出るからな」と脅すのに使われていました。
○亀梨和也。
 天井から下がったドラム缶をどつき、ポーズをとると落下して火花が散る、というもの。何故ぶらぶらさせるのかがよくわかりませんでしたが、釣り下がったカメちゃんを関ジャニ∞の安田章大がぶらぶらゆらしたドリームボーイを思い出したりしました(関係ないです。

▼ソロ。
○田中聖。
 かっこいいね。やっぱりすごくかっこいいです。見とれます。のりのりです。踊ります。キャップ取った直後のダンスがすごく好きで、そこだけは双眼鏡でじっと見ます。髪の毛とまゆげがワイルドで素敵。
○田口淳之介。
 何度見てもかわらぬクオリティ。どんどんくっきりきっぱりした動きになっていきますね。昔みたいに勢いで動いてないのが、すごい成長だと思います。力の加減がすごく上手。
○亀梨和也。
 あの長いえりまきが身体に合わせて揺れるのがすごく好き。でも何でパンツは赤なんだろう…うぅむ。「キスして壊して」の、手を口元にあててから髪の毛をかきまわす仕草がせくしーです。
○上田竜也。
 可愛い歌だ、まったく。彼の自作曲はなんだか好きです。ロバちゃんを好き、というのとは違う部分で好き。毎回ロバちゃんを双眼鏡で見つめるわけですが、隣のテーブルにちゃんと相棒のバラのチョーカーが置いてあるのを、ついつい毎回確認してました。
○中丸雄一。
 衣装はジャケットのウエスト部分が毎回すごく気になります。……気にならない? えぇと歌は、作詞自力ということで。ちょっと面白い歌詞になっちゃってる部分もありますが、今後に期待です。手越よりは大丈夫!(笑
○赤西仁。
 衣装、(1-1)で着てたやつが好きでした…。チェックのシャツをウエストに巻いて、頭にかぶったキャップのうしろの隙間からしばった髪の毛をちょろんと出してて、すごく可愛かった…。お忍びで原宿に行ったアイドルみたいですごく好き(笑。走ると腰巻シャツがひるがえるのもよかったんだけどな。何で変えちゃったんだろう。


 えぇと。全部読んだ方、お疲れ様でした。ほんとに。
 私は今回のツアーは横浜のみですが、残り3箇所も素晴らしいコンサートになることを祈ってます。

|

« KAT-TUNコンサート、暴れてきました。 | トップページ | 【イラスト修行】くるぶしの行方。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【Looking KAT-TUN 2005】コンサート感想レポ。:

« KAT-TUNコンサート、暴れてきました。 | トップページ | 【イラスト修行】くるぶしの行方。 »