« これから書きます。 | トップページ | FiVeコン行ってきました。 »

2005/09/01

KAT-TUN、追々々加コンサートレポ。

■2005年、8月26、27、28日に行われた、KAT-TUNコンサートのレポート。
 長いです。とても長いです。そしてロバちゃん中心です。

■何から書けばいいのやら。えぇと、6公演しっかり見てきました。
 前回の追加コンとは、大きく異なります。ソロも全曲違うし、ネバアゲは1回目しかやらないし、他も色々色々違います。詳しいセットリストは、他サイトさんですでにごらんかと思いますので、うちはロバちゃんに関するこねたを書き連ねてみますよ。

●OP。銀色の衣装で出てくるんですが、1公演目だけは、床からの登場でした(以降は普通に出入り口から)。
 床にあいてる穴からでるわけで、つまりよじ登るという。「なんだか衣装着れてないのに出てきちゃった子がいるぞ」と思って双眼鏡でよく見てみたら、ロバちゃんでした。みんな上ちゃんと着てるのに、ロバちゃんはコートを腰巻にしています。いつものように。……自由です。
 でも思ったのはね。She saidって、途中火がぼわぁっと出るんだけどね。これが熱いから、ロバちゃん上着てないんじゃないかと。
 ……衣装に関しては、好きな衣装しか真面目に着てないように見えました。フレアのロングとか、しっぽつきとかでないと嫌なのかロバよ。

●今回は、トロッコ移動が結構あります。センター席の中を移動するやつに、ロバちゃん結構乗りました。登場シーンでピースとか、正座してお手振りとか、可愛いポイント満載でした。
 オーラスでは、賞状授与のようなポーズで、なにやら紙を客席の子に渡していました。が、自分のファンに渡していたのではなさそうでした(笑。うちわを見ない子だよほんとに…。

●蛍光ダンスの話。蛍光ダンスというのは、ジャニーズお得意の手袋が光って闇で動くやつなんですが、今回は頭の前後に仮面が加わりました。変な仮面で、手が光って、6人でダンス。ちょっと気持ち悪いです。
 ロバちゃんは、マイクを持っていないと本当にダンスがお上手です。……蛍光ダンスも人一倍美しい動きだったんですが、そんな微妙なダンスで上手でも、ファンはあんまり嬉しくありません。明るいところでやる踊りを、もう少し頑張って頂きたかったな、と。
 蛍光ダンスの最後、拳銃を構えて客席に撃ち、その後5人が中丸(入れ替わり用のため偽者)に銃を向けると中丸が逃げて、再登場した中丸(こっちは本物)がソロを開始、という流れがあります。
 2日目1部では、ロバちゃんの分の拳銃が、ステージにセッティングされていなかった模様。足でちょいちょいとライトを蹴って、床にあるはずの拳銃を探し。どうしてもないので、指鉄砲でズギューンと撃つまねっこをしていました。そんなロバちゃんに、聖さんは「こら!」って感じで銃を向けたりとかしてて、可愛かったです。

●てんぐの話。「TEN-G」というユニットです。顔の上半分を覆うサイズの6色のてんぐのお面をつけたKAT-TUNが、唐草模様の風呂敷に、てんぐのうちわ(葉っぱのやつ)を持って、歌い踊ります。
 内容的には、俺たち、売れっ子になって天狗になってるぜー! ひゃっほう! というもので、最後にはてんぐのお面の鼻をぽっきり折って「ごめんなちゃい…」と謝るオチがつきます。
 ロバちゃんは、赤天狗でした。他の子たちはおでこにつけてる天狗のお面を、しっかり目にかぶせてつけていたため、ひとり見た目がパーマンでした。唐草の風呂敷も、マントにしてたから余計にパーマンです。
 衣装はタンクトップ。赤くてメッシュ。初回に「なんだか小さい穴が開いている…」と思いましたが、その後回を重ねるごとにどんどんその穴が大きくなり、ついにはダメージアレンジといえるくらい大きい穴になりました。
 ロバちゃんのパートは「ダンスシューズはかないよーん。ダンスは基本的に踊んないよーん」というもの(歌詞そのまま書くとジャスラックに怒られるのでアレンジ)。他の子は「DVD売り上げ一位!」とか「挨拶は向こうから!」とかあまり本人たちに関係ないものだったのですが……えぇと、ロバちゃん部分だけ、ピンポイントにロバちゃんなのは、どうしてでしょうか。みんな言いたくて言いたくて仕方ないことだったんでしょうか。てか作詞した人ナイス。ロバちゃんが自分のことだと自覚して歌ってたかどうかはわかりませんが。踊れ。そしてサンダルやめれ。
 3日目の1部では、ひとりひとりをとっつーが紹介するシーンで、真ん中のせり上がり台にうまく登れずに思いっきり転んでいました。1日目、2日目は、その台がお気に入りで、歌の最中でも何度も昇っていたんですが、転んでからは必要な数度以外絶対に上がろうとしませんでした……可愛い奴め。
 オーラスでは、その紹介シーンで直前の聖さんが、台から宙返りをするのを真似しようと、はだしで台にあがて、とってもとっても微妙な回転を見せてくれました。無理すんな。
 歌の途中、聖さんがうちわをサインに見立てて投げて「拾え」というシーンがあるのですが、ロバちゃんはそれをきゃー!って感じで、両手を挙げて駆け寄ります。昔、ロバの着ぐるみを着てにんじんを追いかけていたのと動きが一緒で、懐かしさを感じました。で、ひろったうちわは2日目2部くらいから聖さんに返却をしなくなり、2枚のうちわでパタパタして遊んだりしていました。

●外周ネタ。お手振り曲やアンコールの時のロバちゃんの行動。
 3日目1部、ちょっと前で手を振っている赤西を発見したロバちゃんは、走っていきいい勢いでタックル! そのまま赤西は倒れ伏しましたが、ロバちゃんは無視して先へ進みます。赤西、かなり長いこと倒れていましたが(休んでたのか?)ロバちゃんがちっとも戻ってこず、普通にやりっぱなしで終わったのを悟って、仕方なく普通にお手振りに戻ってました。やりっぱなしはやめとこうよ、ロバちゃん…。
 カメちゃんが中丸になにやらちょっかい出されて、仕返しに色紙で中丸の頭をごしごし。中丸は、その時通りがかったロバちゃんの頭を自分の色紙でごしごししますが、ロバちゃんは何の反応も返さずにそのまま歩いて行きました。……無視ですかい。
 中丸と田口は、バックステでおんぶしたり、アンガールズごっこしたり、仲良しでした。大きいから、小さい子たちの隣でそれやってると目立つのよねあのふたり。

●ソロの話。ロバちゃんの今回の歌は「カキゴオリ」。嘘タイトル発表がなかったんですが、初日初回では客席から笑い声が起こっていました。カキゴオリ、一瞬嘘タイトルっぽいよね。
 でも実際の歌は、ノスタルジック系でいい感じでしたよ。小学校の頃の初恋の子と、お祭に行った思い出をつづり、別れのシーンをつづり、そしてまた同じ気持ちで会えたらいいな、という歌。
 衣装は、ハートブレイクのときの黒い振袖。赤い襟を広めに縫いこんで、身幅が広くなっていたために、肩が落ちていました。そして袖が短いのは女子用を改造したからだろうな。帯は太幅の赤の中央に細幅の金をあわせて、右斜め前で蝶結び。オンウエストで腰じゃないので、遊女チックな着方です。
 中央で台に乗ってあがり、そしており。踊りません。歌うだけです。ちょっとだけ振り返る他は動きなし。
 でもあの和服姿で出た瞬間「ワンオフだ! 新宿アルタの最上階で台に乗ってそうだ!」と思ってしまいました…(人形ネタ。わからない人のが多そうだ…)。

●MCの話。
 初日初回は、赤いロング丈チャイナ衣装(前回と違ってジャケットは脱いでました)の、ズボンのチャックが……あいていたと。カメちゃんにちょー大きな声で指摘されていました。それを照れながらも正面向いてしめるもんだから、カメラに……カメラにうつっちゃってるよロバちゃん! 自由です。自由な子です。
 26日は、中丸のお母さんがバースデイ。そして25日は、ロバちゃんのご両親両方のバースデイ。ロバちゃんが中丸のお母さんのことをナチュラルに「おばちゃん」と呼ぶのが可愛かったです。昔からの交流だもんね。中丸もロバちゃんも、プレゼントあげていないという話をしていたんですが。26日2部にはロバちゃんのお母さんが来てるということで、会場のみんなに「おめでとうってみんなで言ってくれる?」とお願い。可愛かったです。
 中丸がうっかりロバちゃんを「ぶさいく」と言っちゃったあと、カメちゃんは「次の曲で上田がいなかったらどうすんだよ!」とフォロー。ちなみに次はJr、その次は田口ソロ、そしてロバソロの流れなので、いなかったらソロがないことになって困ります。うん。
 2日目くらいから、みんな中丸のことを「上田」と呼ぶのがマイブームになってきてました。最初は聖さんだったかな。「サンチェさんも俺のこと上田って呼ぶんだよな…」と中丸はへこんでました。「でも似てないよね」ときっぱり言うロバちゃん。うん、似てないけどね。似てないんだけどでも。
 カメちゃんが中丸を悪く言おうとしたのを、その流れかうっかり「上田」と言ってしまい。謝るためにロバちゃんに抱きついてました。ゴメンと抱きつく姿がベストフレンド。可愛いぜこんちくしょう。
 MCがどんどん長くなり「怒られるのはおれなの!」とカメちゃんも切れ。それでも長くなりそうだったのを見てロバちゃんは「ちゃんとしようよ。長くなったらそれだけみんなの帰りが遅くなっちゃうんだよ。遅くなって、変な人がみんなの後ついてきちゃったりしたらどうすんの」と真面目に諭しました。そこに「変な人って上田だよな」とちゃかした赤西が寄っていくと、腰で刃物を構えて突き出すポーズをしてました。変な人どころか通り魔ですよそれ。
 てんぐでもとっつーに「世界が認めた単純な不細工!」とか紹介されてたロバちゃん。2日目2部では、唐突に「どうせ俺は不細工ですよ!」と帰ろうとしてました。誰も不細工とか言ってないのに。気にしてるのかやはり。不細工だということを。いや、でもロバちゃんの場合は「ぶちゃいく」だから。可愛いんだよ。バランスが絶妙なの。ものすごくものすごくものすごく可愛いんだから、そのままでいてください……。くちびる引っ込めた写真ばっかりにならないでください……お願いします。ほんとに。
 二日目は、具合が悪かったのか、ボーっとしてることが多かったです。中丸が「ラストスパートいくぞぉ!」と叫んでも、その隣でボーっと立ち尽くすロバちゃん……。ひとりいけてません、ラストスパート。
 Jr紹介トークのとき、Question?のライブにA.B.Cが出る話で。「なんでQuestion?にA.B.Cが出るの!?」と、まるで「俺は許可してないぞ!」みたいなのりで言ってました。A.B.Cは君のもんじゃないぞ…。一応。多分。でもその後中丸(だっけ…聖さん?)に、とっつーと河合君がドラムのスティックなんだよ。折れたら五関にチェンジ。と言われて大笑いした後納得していました。いいのかそれなら。

●その他のネタ、絵で描いてみました。文章だとわかりづらいかと思ったので。……余計わかりづらかったらすいません。
1
2
3

|

« これから書きます。 | トップページ | FiVeコン行ってきました。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: KAT-TUN、追々々加コンサートレポ。:

« これから書きます。 | トップページ | FiVeコン行ってきました。 »